マンション売却で色んな不動産屋の話を聞いた結果・・・

マンション売却で色んな不動産屋の話を聞いた結果・・・

私がマンション売却を考えたのは昨年末の事でした。 
娘の中学受験に絡み通学がもう少し楽な都内に引っ越したいというのが主な理由です。
私も都内に努めていたので、今の埼玉からの通勤が楽になるのは魅力的でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

マンション売却はまずは不動産屋さがし

いざ売却を考えると何からしたらよいのか迷ったのですが、
ふと思い出したのが毎週のようにポストに入っていた、
マンション売却しませんか?といった不動産会社からのチラシです。
いつもは、そのままごみ箱だったのですが、
2週間ほど注意してチラシを保存してみました。
すると、3社ほどチラシが集まりました。
1社は誰でも知っている、最大手の不動産会社、
その他2社は、正直聞いたことのない、地元の不動産会社でした。
正直知っている不動産会社が1社しかなかったのが、
不安になりネットで一括査定も利用してみました。

 

 

いざ不動産屋の話を聞いてみると

その結果、ある日曜日に合計4社が説明に来てくれることになったのです。

 

最初の2社は地元の不動産会社でした。 
特に二人目の営業マンは元気もよく、印象は悪くなかったのですが、
私のところで契約してくださいといった押しだけが強く、
あなたのところで契約するとどんなメリットがあるのかを
明確に説明してはくれませんでした。

 

そもそも、不動産の契約には大きく分けて2種類あり、
売却の仲介を複数の不動産会社に依頼する。
一般媒介契約と、仲介を1社の不動産会社にのみ任せる、
専属専任媒介契約というものがあります。
素人の私から考えると、わざわざ1社にして
ほかの不動産会社を使わないメリットが分からなかったのですが、
その点についても明確な説明がもらえませんでした。

 

そのため、この時点では「4社全部にお願いしておけばいいのかな。」などと考えていました。

 

契約について180度考えが変わったきっかけ

しかし、その後訪問してきた大手不動産会社の営業マンたちによって、
考え方は180度変わることになります。
まず、私が理解していなかった専任で契約することのメリットについてですが、
非常にわかりやすく説明してくれました。

 

例えば、一般媒介契約でお願いした場合、
A社にとっては、チラシなどの経費をかけて一生懸命営業活動をしたとしても、
その他の不動産会社で契約が決まってしまった場合、純粋に経費分が赤字になっていまします。
そのため、あまり経費をかけた営業活動はしにくい状況となってしまうのです。

 

それに対し、専属専任媒介での契約ができた場合、
売却が決まれば必ず手数料が入るわけですから、
積極的に力を入れて売却活動が出来るようになります。

 

実際、一般媒介の場合、大規模なポスティングなどはほとんど行われないようです。
ここで、私のもやもやしていた疑問はかなりすっきりしました。

 

結局、最後に訪問してもらった、最大手の不動産会社で
専属専任媒介契約を結んだのですが、その一番の理由は、営業マンとの相性でしょうか。
かなり大きな契約になるわけですから、相性も大切だと思います。 
もう一つ、この営業マンがすでに、当マンションから売りが出たら
教えてほしいといわれている顧客を二人持っていたことも、大きかったです。
「結果から言いますと、その二人のうち一人が即購入してくれました」
その後はとんとん拍子で、半月後には売却決定、入金まで終わってしまいました。

 

マンション売却総評

マンション売却などというものはそうそうあるものではありませんが、
私の経験から一つ言えるとしたら、
必ず複数の不動産会社の営業マンに会うべき」これに尽きるとも思います。

 

最後に注意ですが、営業マンによっては、このマンションなら○○万円で売れます。
などと、大きな金額を言って契約を取ろうとする人が居るようですが。
結局買うのはその不動産会社ではありません。
説明の段階で高い金額を言われることに、何の意味もありませんから騙されないようにしてください。
むしろ、近隣や同じマンションの過去の売却価格などを提示して、
きっちりとした査定金額の根拠を誠実に説明してくれる不動産会社がお勧めです。

 

適当に高い金額を提示して契約だけ取るような不動産会社で契約してしまうと、
かなりの長期戦になるうえ、結局売れずに値下げするといった、
無駄なことになると思いますので、気を付けてください。

 

 

以上私のマンション売却経験談でした。
ご清聴ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 


ホーム RSS購読 サイトマップ