どこまでハウスクリーニングしたらいいか?

どこまでハウスクリーニングしたらいいか?

内覧をしに来てくれた人の第一印象を良くするのはとても大切な事です。
ハウスクリーニングは一体どこまで行えば良いのでしょうか。

 


 

内覧しに来てくれた人はお部屋を見て気に入れば
その物件を購入してくれる可能性が非常に高くなります。
ハウスクリーニングは最初の印象を良くする大切な事でもあるので是非実施しましょう。

 

毎日使う場所は重点的にクリーニング

まず、トイレ・お風呂場・キッチンなどの水周りと、
ガスレンジ、換気扇など毎日使って汚れやすい場所は
とくにハウスクリーニングが大切です。
ここが綺麗だと第一印象も良く、とくに女性はこういった
水周りを厳しくチェックする動向があります。
女性の目線になって水周りをハウスクリーニングしましょう。

 

リフォームも頭に入れる

勿論、お部屋の印象も大切です。売り出す前にお金を掛けるのであれば、
その掛かった費用以上に物件の売却額の値上がりを期待したいものです。
換気扇・浴槽交換・クロス張替えなどのリフォームは、物件価格アップが期待できます。
しかし、リフォームをしないでハウスクリーニングのみ、となると価格アップはあまり見込めません。
ハウスクリーニングは価格アップのためというよりも、物件をより早く売るためのものになります。
また、一部だけ綺麗にするのではなくお部屋は出来るだけ整理整頓して
自分で出来る範囲で掃除をするのも早く売るためのポイントになります。

 

【一括査定で一円でも高く売却してくれる不動産屋を探そう】

 

 

 

【マンション売却時のハウスクリーニング】
玄関は綺麗にしておこう
どこまでハウスクリーニングしたらいいか?
水周りを重点的に掃除しよう


ホーム RSS購読 サイトマップ