マンション売却時の確定申告について

マンション売却時の確定申告について

マンションや一戸建て、土地などといった不動産を売却した際に
発生した利益も確定申告をする必要があります。

 

お給料が一定のサラリーマンは年末調整だけで良いのですが
自営業やフリーランスで仕事をしていて収入が一定ではない方は確定申告が必要になります。
家を売却した時に発生する譲渡益は所得と考えられ、
他の所得とはまた違った方法で計算をして確定申告をする必要があります。

 

確定申告で必要な書類

必要書類 入手経路
譲渡所得の内訳書 税務署
確定申告書B様式 税務署
分離課税用の確定申告書 税務署
仲介手数料や領収書のコピー 自分
売却時の売買契約書コピー 自分
マンション購入時の契約書のコピー 自分

 

 

譲渡所得計算式

譲渡所得=譲渡価格-(取得費+売却費用)、課税譲渡所得=譲渡所得-特別控除

 

更に譲渡所得は不動産を持っていた期間によって”長期・短期に分類されます。
長期は譲渡した年の1月1日の時点で所有期間を5年超えるもの、
短期の場合は譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下となります。
>>譲渡所得の短期と長期について

 

マンション所得期間が10年又はマンション売却が購入額より低かったら減税対象

マンションや一戸建てなどの不動産を売ったとき、所有期間が10年を超えている場合などは
一定の条件を満たしていると軽減税率の特例を受けることも可能となっています。
また、マンションを売ったときに損をしてしまった場合でも確定申告を行いましょう。
これは、マイホームの譲渡は他の所得から損益通算が出来るからです。

 

【机上査定のある一括査定サービス】

 

 

 

【マンション売却基礎知識】
マンション売却で必要な書類
マンション売却時の媒介契約について
マンション売却時の確定申告について
マンション売却時の税金について
マンション売却時の仲介手数料


ホーム RSS購読 サイトマップ