離婚時のマンション売却について教えてください

離婚時のマンション売却について教えてください

離婚時のマンション売却について教えてください

離婚をするときに住宅ローンが残っている場合どうすれば良いのか、連帯保証人を解除できるのかなど様々な不安が付きまといます。住宅ローンが残っていても売却ができる任意売却を利用したり、離婚後でもマンションに住み続けたりすることは可能です。ですが離婚後マンションの売却が一番良いといわれている理由はいくつかあります。一番多いのは住宅ローンをペアローンで組んでいるパターンで、こちらは将来的に住宅ローンの返済を滞納してしまうと連帯保証人である妻に一括返済の義務が生じてしまうというパターンです。離婚をしても連帯保証人の義務は消失しないのです。また、慰謝料や養育費の代わりとして財産分与をするというパターンですが、こちらも物件名義が夫である以上そのマンションは夫の所有物になるので夫がいつでも好きな時に売却することも可能になります。離婚時に名義を妻に変更すれば良いと思われがちですが、実は住宅ローン返済中はマンション名義を自由に変更することは原則不可能なのです。様々な理由から、離婚をするならマンションを売却するというのが一番後腐れなく別れることができるのです。離婚時にマンション売却をすることでローン完済が可能ならそれが一番ベターですし、住宅ローンが残る場合でも任意売却を利用して売ったお金を夫婦で財産分与するほうが分かりやすいのです。

 

【イエウールの机上査定を活用してみましょう】

 

 

 

【マンション売却Q&A】
離婚時のマンション売却について教えてください
住宅ローンが払えなくなったらどうすればいいですか?
田舎の住居でも売却できますか?
ローンが残っていてもマンション売却は可能ですか?


ホーム RSS購読 サイトマップ