両手仲介を狙う不動産会社には気を付けよう

両手仲介を狙う不動産会社には気を付けよう

不動産業界の悪しき風習”両手仲介”。

 

両手仲介とは

両手仲介とは、物件売主・買主双方から仲介手数料を頂戴するというケースを言います。
不動産会社は、売買物件や賃貸物件の仲介をすることでその手数料である仲介手数料を受け取るのですが、
賃貸とは異なり不動産売却には物件売主とその物件買主の双方が仲介手数料を支払うという形になっています。
この仲介手数料の双方を、不動産会社1社が独占して受け取ることを”両手仲介”と言います。

 

片手仲介と両手仲介の大きな違いは、売主・買主片方から受け取る手数料を片手、
双方から受け取る手数料は両手になります。

 

両手仲介が悪しき風習と言われているその理由ですが、
例えば4千万円の物件を売却した場合、
仲介手数料は4千万×3%+6万円でおよそ126万円が相場になります。
この126万円は売主・買主が”それぞれ”支払う必要があります。
Aの不動産会社が自力で買主を探すことができれば、売主から126万、
買主から126万の合計252万円を受け取れます。丸儲けなのです。

 

売るマンションが同じでも、片手の場合は126万円だけなのに対して、
両手だとその倍の仲介手数料が不動産会社に転がり込んでくるシステムになっているのです。
そして、この両手仲介を成立させるために、
不動産会社は不正行為を行う可能性が非常に高いのもポイントです。
不正行為は、わざと売買情報を隠したり充分に宣伝活動をしないなど。

ですから、両手仲介を狙っている不動産会社には注意が必要になるのです。

 

【イエウールなら両手仲介の心配一切なし!】

 

 

【関連記事】
マンション売却では出来るだけ多くの査定をとること
マンション売却時に相場を簡単に知る方法
中古マンションがなかなか売れない理由
マンション売却は時期によって価格が変わることがある
両手仲介を狙う不動産会社には気を付けよう
マンション売却時に査定に影響するポイント

 

【人気記事】
ローンが残っていてもマンション売却はできますか?
どこまでハウスクリーニングしたらいいか
イエイの口コミ・評判
オウチーノの口コミ・評判
イエウールの口コミ・評判

 

マンション売却TOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ