宮城のマンション売却事情

宮城のマンション売却事情

宮城県の中古マンション売却事情は、東日本大震災があった2011年がもっとも低く、
それから翌年に一気に上がり、年々上昇傾向にあります。

 

現在は、売り手が有利な不動産市場になっていると言えます。
とくに、仙台市などの交通が便利な都市部は
平均よりも少し高い金額でマンション売買が行なわれているようです。

 

マンションの売却は、リフォームの有無や使用状況によって価格が前後しやすくなるのと、
空き家率によっても異なるので参考程度にしておくと良いかもしれません。
売りたいマンションがあるエリアの空き家率が高いと、
同じようにマンションを売っている人が多いためライバルが多く、
少しでも早く売るためには価格を下げたりしなければなりません。
こうなってしまうと、予想していた以上に低い金額でマンションを売らなければならないため、
こういった空き家率をチェックしておくと良いですね。

 

【宮城県の平均取引価格】

平均取引価格 平均延床面積 平均取引価格
240,902円/m2 60.84m2 60.84m2

 

これは宮城県全体で取引されている中古マンションの平均となるので、
売りたい物件のより具体的な価格を知りたい場合は一括査定サイトで
不動産に訪問査定を行なうと、より一層具体的な査定額を知ることが出来るので大変オススメです。
住宅の買い換えを検討している方は、是非訪問査定を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

宮城県は全国第15位の人口を誇るエリアで、面積は全国第16位となります。
東北地方の中でも、夏は涼しくて冬は雪の少ないエリアで、海と山の自然が豊かなエリアとなります。
観光スポットや美味しい物もたくさんあるので、最近では外国人の観光客が増えてきているのもポイントです。
水産業や、お米などの稲作がメインの農業がとくに盛んに行なわれている都道府県です。

 

宮城のピークは3月、4月

宮城県は不動産の売買もそこそこ多く、とくに3月〜4月の引越しシーズンは
1年の中でもピークで、マンションの売却を検討している方は
こういった不動産売買が多いシーズンを狙って波に乗るのもオススメです。

 

また、売りたい物件を少しでも高く売りたい・早く売りたいという方は不動産一括査定サイトで、
自分の条件に合った不動産を見つけるのもオススメ。
複数の不動産会社を一括で査定することによって、
低いリスクでマンションを売却することができるようになります。

 

【イエウールで近隣相場を一括査定!】

 

 

【関連記事】
北海道のマンション売却事情
千葉のマンション売却事情
埼玉のマンション売却事情
東京のマンション売却事情
神奈川のマンション売却事情
愛知のマンション売却事情
大阪のマンション売却事情
兵庫のマンション売却事情
福岡のマンション売却事情

 

【人気記事】
マンション売却時に相場を簡単に知る方法
ローンが残っていてもマンション売却はできますか?
どこまでハウスクリーニングしたらいいか
イエイの口コミ・評判
オウチーノの口コミ・評判
イエウールの口コミ・評判

 

マンション売却TOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ