千葉のマンション売却事情

千葉のマンション売却事情

千葉県の中古マンション売却事情は、東日本大震災以降2014年の夏くらいまでは
上下を繰り返しつつ、横ばい状態をキープしていました。
ですが、一昨年の夏以降少しずつ上昇傾向になっています。

 

千葉は3月、4月がピーク

毎年3月・4月の引越しシーズンが契約件数のピークとなり、
反対に夏休みに入る8月が1年の中でもっとも契約件数が少ない月になります。
これは、千葉県だけではなく全国的に同じような契約件数となっています。
マンション売却を検討している方は、この契約件数の多さにも注目して作戦を練るようにすると
スムーズにマンションを売却することができますよ。

 

千葉県マンションの契約単価と、件数は2014年の件数はとくに少なくこの年の8月以降
毎年少しずつ価格が上昇傾向にあるため、現在売り手有利の市場となっています。

 

平均取引単価 平均延床面積 平均取引価格
249,145円/m2 69.77m2 1738万円

 

これは千葉県の平均となるので、もっと具体的な相場を知りたい方、
近所の不動産売買価格を知りたいという方は一括査定サイトが便利です。
不動産会社に実際に売りたいマンションを訪問査定してもらうことで、
具体的な数字を知ることができます。
住宅買い換えを検討している方や、住宅ローン関係などで
売却価格を具体的に知りたいという方は是非こういったサービスを利用してみてください。

 

 

 

千葉県のマンションの売却価格は首都圏の中では
比較的価格の回復するスピードが緩やかなのですが、
景気が良い状態が続くとマンション売却価格もアップしていきます。
また、全国的な経済成長やデフレ脱却が見えてくると、
都心に勤務する方に大変人気のあるエリアなので売り手が有利な市場になります。

 

千葉県は、人口全国第5位、面積は全国第28位で、
東京都のベッドタウンとして埼玉県同様に人気の高いエリアになっています。
千葉県の内陸部は夏と冬の気温差は大きいのが特徴で、
ディズニーランドなどの人気観光スポットが多いのが特徴です。

 

また、千葉県の都心部を中心に様々な国の外国人が住んでいて、
最近では外国人の観光客が増えてきています。
このほかにも、千葉県は農業や水産業なども盛んです。
景気に左右されやすいエリアではありますが、
景気が良くなると売り手に有利になるエリアでもあります。

 

マンション売却を検討している方は、一括査定サイトで複数の不動産に査定依頼をしてみると、
より高くマンションを売ることが出来るようになるのでオススメです。

 

【イエウールで近隣相場を一括査定!】

 

 

【関連記事】
北海道のマンション売却事情
宮城のマンション売却事情
埼玉のマンション売却事情
東京のマンション売却事情
神奈川のマンション売却事情
愛知のマンション売却事情
大阪のマンション売却事情
兵庫のマンション売却事情
福岡のマンション売却事情

 

【人気記事】
マンション売却時に相場を簡単に知る方法
ローンが残っていてもマンション売却はできますか?
どこまでハウスクリーニングしたらいいか
イエイの口コミ・評判
オウチーノの口コミ・評判
イエウールの口コミ・評判

 

マンション売却TOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ