マンション売却時の税金について

マンション売却時の税金について

一戸建てやマンションなどの不動産を売ったときの譲渡所得に対する税は、
給料所得や事業所得などの所得とはまた別に計算する必要があります。
この税を分離課税と呼びます。

 

【譲渡所得】
マンションを売ったときの税金を計算するためには先ず譲渡所得を知る必要があります。
この譲渡所得は、譲渡した金額から譲渡費用や譲渡所得費などを引いて計算します。
ですが、所得費は不動産を持っていた期間中の減価売却相当額を引いて計算する必要があります。
長期所得は売った年の1月1日現在で所有期間を5年超えるもの、
短期は売った年の1月1日現在で5年以下です。

 

長期譲渡所得の方が、短期に比べて税率が低いのがポイントです。

 

【長期所得の場合】

税額(復興特別所得2.1%加算前の税額)=
長期譲渡所得額×15%、復興特別所得(2.1%加算済の税額)=長期譲渡所得金額×15.315%

 

【短期譲渡所得の場合】

税額(加算前)=短期譲渡所得金額×30%、(加算済)短期譲渡所得金額×30.63%

 

平成25年から平成49年までの税額は、算出された所得税を
課税基準として復興特別所得税の2.1%が加算されます。
また、居住用財産であるマイホームの保有期間が10年を超えている場合は
一定の条件を満たせば軽減税率の特例も利用出来ます。

 

>>マンション売却時の確定申告はこちら

 

【机上査定のある一括査定サービス】

 

 

 

【マンション売却基礎知識】
マンション売却で必要な書類
マンション売却時の媒介契約について
マンション売却時の確定申告について
マンション売却時の税金について
マンション売却時の仲介手数料


ホーム RSS購読 サイトマップ