神奈川のマンション売却事情

神奈川のマンション売却事情

東京都のお隣、人口全国第2位を誇る神奈川県の中古マンション売却事情は、
震災のあった2013年4月頃までは上下を繰り返しながらほぼ横ばいをキープしていて、
2013年5月以降は少しずつ上昇傾向になっています。

 

神奈川のピークは3月、4月

契約件数は毎年引越しシーズンのピークである3月・4月がもっとも多く、
反対に夏休みに入る8月は1年の中でもっとも少ないといわれています。
これは神奈川県だけではなく全国で見ても同じことが言えます。

 

契約件数は、2014年が少なく、中でも
この年の4月以降は契約件数は少ないものの価格はアップしています。

 

ここ最近は売り手が有利な市場になっているエリアともいえます。
神奈川県は、東京都同様に少しずつ売却価格がアップしています。
景気回復が続く以上、この価格はゆるやかにアップしていくのです。
とくに神奈川県の中心部である横浜市は人気のエリアで、
経済成長やデフレ脱却が見えてくると
マンション売却価格の上昇がもっとも期待できるのではないでしょうか。

 

【神奈川の平均地価】

平均取引単価 平均延床面積 平均取引価格
381,645円/m2 61.35m2 2342万円

 

こちらは平均となるので、もっと具体的な相場を知りたいという方は、
不動産一括査定サイトを利用するのをオススメします。
一括査定サイトは複数の不動産に売りたいマンションを査定してもらるので、
近場の売却価格の相場などもしっかり考慮してくれるため
効率よく売りたいマンションの相場や売却価格を知ることができます。

 

 

神奈川県は面積全国第43位の都道府県となりますが、
首都圏にも近く住みやすいエリアとして人気があります。
とくに、夏と冬の気温差が一年を通して少なく、
比較的温暖な地域なので観光スポットも多く、外国人にも人気のエリアです。
また、神奈川県の中心部である横浜市には多くの外国人も住んでいて、
観光スポットが多いため外国人の観光客が多いのも特徴です。
都内勤務の方、ファミリー層に人気の高いエリアでもあるので、
マンションを所持している方は売りやすいエリアともいえます。
また、郊外に住んでいる方でもマンション売却の相場を知ることで
より売りやすくするための戦術を練ることができますよ。

 

【イエウールで近隣相場を一括査定!】

 

 

【関連記事】
北海道のマンション売却事情
宮城のマンション売却事情
千葉のマンション売却事情
埼玉のマンション売却事情
東京のマンション売却事情
愛知のマンション売却事情
大阪のマンション売却事情
兵庫のマンション売却事情
福岡のマンション売却事情

 

【人気記事】
マンション売却時に相場を簡単に知る方法
ローンが残っていてもマンション売却はできますか?
どこまでハウスクリーニングしたらいいか
イエイの口コミ・評判
オウチーノの口コミ・評判
イエウールの口コミ・評判

 

マンション売却TOPへ


ホーム RSS購読 サイトマップ