マンション売却時の仲介手数料

マンション売却時の仲介手数料

成功報酬こと仲介手数料は、トラブルも起きやすいので
事前に仲介手数料について詳しくチェックしておく必要があります。

 

まず、仲介手数料は売買契約が成立して初めて発生するお金です。

 

この売買契約が成立するまでは売却をお願いしている不動産会社に
仲介手数料を支払う必要はありません。

 

次に、この仲介手数料には法規制によって上限が決められています。
宅地建物取引業法によって不動産会社が受けられる仲介手数料は上限が決められていて、
この上限を超える仲介手数料の請求は法令違反であること、
また決められているのはあくまでも上限なので
この上限を当たり前に請求する事が出来るというわけではありません。

 

上限額は

取引額200万円以下→取引額5%以内、
取引額200万以上400万→取引額4%以内、
取引額400万以上→取引額3%以内となります。

 

仲介手数料は消費税の課税対象となるので、ここから更に消費税が別途発生します。

上限額を超えての手数料条件を提示してきたり、
上限の金額をさも法律で決められているように提示してくる不動産や、
不動産売却で生じた広告費などを請求してくる不動産には注意しましょう。

 

また、仲介手数料は上限が決められているだけなので値下げの交渉も可能です。
納得いくまで確認、交渉するのもトラブルを避ける為のポイントになります。

 

【机上査定のある一括査定サービス】

 

 

 

【マンション売却基礎知識】
マンション売却で必要な書類
マンション売却時の媒介契約について
マンション売却時の確定申告について
マンション売却時の税金について
マンション売却時の仲介手数料


ホーム RSS購読 サイトマップ